京都大学同窓会トップへ
京都大学トップへ

文字サイズ

  • 標準
  • 特大

京都大学同窓会とは

設立の経緯

19世紀の終わりに帝国大学として京都大学が設立されて以来、同窓会は学部又は大学院の部局単位で組織され、それぞれが活発に活動してきていますが、大学全体の同窓会組織は存在していませんでした。しかし、京都大学全体の発展に貢献することを目的とし、部局の同窓会の緩やかな連携組織として、2006年11月に京都大学同窓会が設立されました。

活 動

京都大学同窓会は、会員相互の交流と親睦を図るとともに、京都大学と共に発展することを目的としています。

京都大学同窓会では、毎年、母校に帰っていただき楽しく過ごしていただくホームカミングデイを開催しています。また、国内・海外の地域同窓会では、それぞれの地域や国において講演会や懇親会そしてレジャー、スポーツなどをとおして交流を深めています。


  1. 部局の同窓会

    部局の同窓会に入会すると自動的に京都大学同窓会の会員となります。また、部局の同窓会には現役の教員、学生を含めているところが多く、同窓会をとおして教員、学生が交流を深めています。


  2. 国内の地域同窓会

    地域ごとに総会などを開催し、京都大学から講師を招き講演会を開催するなど活発な活動を行っています。

    また、京都大学が行う最先端の研究成果を社会に発信する京都大学地方講演会の開催に協力し、大学との連携強化と地域の皆さんとの交流に一役買っています。


  3. 海外の地域同窓会

    京都大学には毎年、100ヶ国を越える世界各国から、留学生および研究者が在籍し、学業或いは研究に専念しています。これらの留学生・研究者が帰国し、母国で組織している同窓会や、日本人駐在員による同窓会があります。

    海外の地域同窓会と連携し、シンポジウムの開催や意見交換会を行うなど、積極的な交流を図っています。


地域同窓会の魅力

地域同窓会の魅力は、出身学部・大学院がバラバラであっても、分野・領域を越えてお互いにフランクに交流できることです。そこで得られる多種・多様な情報は、グローバル化が進み、多様化する日本で、世界で活躍するうえで大いに役立つものと期待されます。

また、地域同窓会が知の宝庫であります母校の京都大学と連携することにより、それぞれの同窓生の活躍が強化され、大きな発展につながります。このことは地域、日本、そして世界の発展に大きく貢献できるものといえます。


大学との架け橋として

京都大学同窓会が日本国内および海外の同窓生相互の絆を強める「架け橋」となり、そして同窓生と京都大学との「架け橋」となることが、日本、そして世界で活躍する同窓生に役立ち、京都大学の発展につながるものと思っています。