京都大学同窓会トップへ
京都大学トップへ

文字サイズ

  • 標準
  • 特大

京都大学千鳥会 <平成24年>

明治34年に、東京出身の尺八家で、京大法科学生の横山正雄氏が、自己の雅号をとって、千鳥社を創設したのが、千鳥会の始まりです。当時の千鳥会は、主に明暗流を行い、関東に伝わる竹道の古典的伝統を伝へ、関西尺八界の指導的役割を果たしていました。以後、工科の浜部治郎博士や初代山岸芦水師ら、秀れた師を得て地味な研究活動が続けられていましたが、残念なことに、この活動は一時跡絶えてしまいました。しかし、昭和35年、京大文学部学生の山岸政行氏(現・二代目芦水師)を得て、活動が再開され現在に至っています。 琴古流は、元禄年間(17世紀末期)尺八の名人、黒沢琴古を始祖とし、多くの古典を伝へ、歴史とともに流れています。千鳥会は、この竹道の精神を受け継ぎ、現代に活かしてゆくことを目的にした「尺八倶楽部」です。残念ながら平成13年(2001年)入学の方たち以降、現役生の活動は一旦途切れていますが、OB会では定期的に京都、東京等で会合を開催しています。

連絡先

世話人代表:黒田達朗
E-mail:tatsukuroda*yahoo.co.jp(*を@に変えてください)

ホームページ

--

同窓会からのお知らせ

  • 京都大学千鳥会が京都大学同窓会へ加入しました。(2012年10月17日)