京都大学同窓会トップへ
京都大学トップへ

文字サイズ

  • 標準
  • 特大

第5回「京都大学福岡同窓会例会・懇親会」が開催されました(2018年11月10日)

 2018年(平成30年)11月10日、京都大学福岡同窓会(以下、福岡同窓会)主催・本学共催による講演会、および第5回福岡同窓会の例会が開催されました。

 電気ビル共創館で行われた講演会には同窓生69名、福岡県の高校から26名の高校生、そして一般の方20名の参加がありました。満席となった講演会では、櫻井英俊 京都大学iPS細胞研究所准教授より「ここまで進んだiPS細胞の研究最前線」について、大変分かりやすい講演がありました。講演後2名の高校生を含め多くの質問により時間ぎりぎりとなりました。講演会場では、一般社団法人先天性ミオバチーの会の方にもブース展示して頂きました。

 引き続いて、ホテルニューオータニ博多にて例会が開催され、同窓生71名にご参加頂きました。安藤花恵 幹事(教育学部・平13年卒)の司会により、麻生渡 会長(法学部・昭38年卒)の挨拶に続いて、京都大学から出席があった田中総務・卒業生掛長から同窓会サービスの説明を頂き、次いで小川洋 福岡県知事(法学部・昭48年卒)と、福岡ご出身でもある東島清 京都大学監事(理学部・昭45年卒)からご祝辞を頂きました。

  例会終了後の懇親会は、鎌田名誉会長(経済学部・昭33年卒)の発声による乾杯の後、会員相互の交流が深められました。講演頂いた櫻井准教授にも参加いただき、ノーベル賞受賞決定間もない本庶佑先生の功績に関する新しいパネルの展示も好評でした。

 若い会員の参加も多く、賑やかに盛り上がる中、出席者全員で「紅萌ゆる」・「琵琶湖周航の歌」を合唱し、阿部善行 会員(法学部・昭39年卒)による閉会の挨拶でお開きとなりました。

(農学部・平12年卒 幹事 水野谷 航 報告)

櫻井准教授の講演会の様子


懇親会参加者の集合写真