京都大学同窓会トップへ
京都大学トップへ

文字サイズ

  • 標準
  • 特大

いぶき会総会が開催されました(2019年3月24日)

 去る3月24日に、応援団OB・OG会「いぶき会」会員、現役応援団員が参加し、いぶき会総会が開催されました。

 この会合は年に一度、毎年3月の春分の日近辺に開催しており、すでに50年以上継続して開催されています。また、例年のこの時期には現役応援団も代替わりを終えた直後でその激励も兼ねて、懇親会も行います。

 当日は、守屋和幸 顧問(農学部・1978年卒)、OB・OG、現役団員のおよそ50名が、会場の京都大学芝蘭会館に集まりました。会の冒頭、8年間会を率いた村橋正武 会長(工学部・1966年卒)から退任の挨拶があり、後任に阿辻豊 新会長(法学部・1972年卒)が就任することが発表されました。続いて昭和42年卒団の速水弘之 氏(工学部・1967年卒)から、「これからの時代を担う若い技術者・研究開発者に是非お伝えしておきたいこと・・長年の民間企業での実体験を通して」 というテーマで記念講演がありました。次に総会の議事に移り、決算・予算案、会則の改正提案などを決議しました。

 総会終了後には、現役団員も含めて、懇親会が開かれました。世代を超えて、応援団談義や大学生活など楽しく会話が弾みました。会の最後には、全員で肩を組み、応援歌、新生の息吹を歌い締め括りました。

記念講演の様子
懇親会の様子